デジタルグッズ

HoloModels™
10/1スケール 轟雷

  • ジャンル
    ARデジタルグッズ
  • プレイヤー
    1人

■HoloModels™「轟雷」
スマートフォンARやVRデバイスで自由に表情やポーズを設定して、等身大からプラモデルサイズにもできるデジタルフィギュアの最新作「轟雷」を2020年12月18日(金)より発売。
1体所持することで、ARで現実世界に設置しポーズを作って楽しむスマホアプリ 「HoloModels」を中心に、VR、Gateboxといった連携デバイスでも楽しめます。

■デジタルフィギュア「轟雷」の主な特徴
1. イベントで注目された10/1スケール立像がデジタルフィギュアとして、ついに発売!
2017年のイベントで展示されてから販売が検討されていた10/1スケール轟雷の立像が(等身大サイズ)、デジタルフィギュアとなって登場。お求めやすい価格、置き場や取り扱いの心配もないデジタル化による新しいライフスタイルの提案をHoloModelsを通じて実現しました。

2.プラモデルのCADデータをベースに共同開発
「轟雷」は、プラモデル『FRAME ARMS GIRL』で使用されたCADデータ(※注1)を用いて製作され、壽屋のもつハイクオリティなプラモデルとしての魅力をあますことなく表現しました。

3.フィギュアのポーズは自由自在に!
デジタルフィギュア轟雷は、サイズ変更に加え、収録ポーズ6種(プリセットポーズ)に加えお客様が自由にポーズを付けられるモードを搭載。シチュエーションにあった、ポーズ・表情を楽しむことが出来ます。

■遊び方さまざま
デジタルフィギュアは一体購入することで様々な連携デバイスで表示できます。
VRで体験するとあなたがアニメの世界のキャラクターに会いに行くような視点を楽しめ、ARで体験するとあなたの目の前にキャラクターが現れ生活に溶け込みます。

<スマートフォン>
アプリ「HoloModels(ホロモデル)」をダウンロードし、購入したデジタルフィギュアを表示。AR機能搭載のスマートフォンを利用することで、ゲームのワンシーンの再現や、自分たちの世界に宇宙人が攻めてきたような写真を撮影して楽しめます。

<PC VR>
無料配布しているβ版アプリで、購入したデジタルフィギュアをVR空間で表示して楽しめます。
▶β版アプリのダウンロードはこちら

<ホログラムデバイス>
キャラクター召喚装置「Gatebox」と連携することで、スマートフォンの起動不要で日常的にデジタルフィギュアを飾ることができます。
3Dアートのホログラフィックディスプレイ「Looking Glass」との連携も決定しています。

プレイに必要な環境: ■AR機能:ARKit/ARCore対応のiOS 、Android端末
iOS:ARKit対応端末一覧(リンク先のページ最下部に記載があります)
Android:ARCore対応端末一覧
■VR機能:PC VR機器
HTC VIVE、VIVE Pro/VIVE Pro Eye、Oculus Rift/Rift S
iPadでのプレイについて: ARKitに対応しているiPadであれば動作します。
HoloModelsはiPhoneで動作させることを前提に制作しているため、レイアウトの崩れが起こる可能性があります。
[ARKit対応機種]
12.9インチ iPad Pro(第2世代)/12.9インチ iPad Pro(第1世代)/10.5インチ iPad Pro/9.7インチ iPad Pro/iPad(第5世代)

© KOTOBUKIYA / FAGirl Project
©HoloModels™/©Gugenka®